遺伝による薄毛に対し育毛剤は効果があるのか

MENU

遺伝による夫人の薄毛と育毛剤の威力に関して

カランサ

男性の場合には遺伝的な要因によって薄毛になってしまう場合がよくあります。

 

男性型脱毛症はその典型的なものであり、内服薬や育毛剤によって治療を行うことができるようになりました。しかし、女性の場合にも遺伝の影響によって男性と同じようにして薄毛になってしまう場合があります。

 

男性型脱毛症と同様に男性ホルモンが優位になってしまい、デヒドロテストステロンが頭皮に蓄積してしまって育毛サイクルが正常に働かなくなるという症状に悩まされる人もいるのです。

 

症状として男性と同様につむじの辺りから脱毛が進行したり、前髪の付け根が後退していったりする場合もあります。一方で、びまん性脱毛症と呼ばれる髪の毛が全体的に減っていってしまう症状を経験する人もいます。

 

このどちらについても遺伝的な要素が絡んでいる場合がありますが、どちらのケースでも男性と同様の治療を行うことが可能です。

 

全身的な副作用が生じてしまいやすい内服薬による治療よりもむしろ育毛剤による治療が望まれるケースが多く、男性型脱毛症に良いとされる育毛剤を使用して薄毛対策を実現できます。

 

この場合に使用される成分はミノキシジルと呼ばれる血管拡張作用を有するものであり、頭皮の血行を良くすることでデヒドロテストステロンが頭皮から除去されるように働きかけると共に、毛髪の成長に必要になる栄養素や酸素を供給するのが目的になります。

 

女性の場合にはもともと血液の循環不良が原因で薄毛になっている場合もあり、遺伝的な要因と重なって薄毛が進行している場合には両方の原因に対して働きかけられるのがメリットです。

 

ミノキシジルも内服薬がありますが、育毛剤として頭皮だけで効かせることによって副作用を低減させられるでしょう。

 

頭痛や多毛症といった副作用が生じにくいため、ミノキシジルを配合した育毛剤を使用するのが賢明な判断です。ただし、女性用に配合された育毛剤も登場しているため、その使用を考えた方が配合成分がより適しているでしょう。