紫外線の頭皮や髪への影響について

MENU

恐ろしい紫外線の副作用

カランサ

 

毛髪が紫外線を浴びても炎症を起こしたりすることがないため、そのダメージに気づきにくいのはしょうがないことでしょう。ですが、自力でダメージを回復させていく肌と違い、毛髪はダメージを蓄積させてしまいます。

 

その結果、バサバサ、ガサガサ、ゴワゴワ、切れ毛、枝毛などといった毛髪の悩みへと繋がってしまうので、しっかりケアすることが大切です。

 

キューティクルの損傷

紫外線を浴び続けた髪の毛はキューティクルがはがれやすくなり、髪の毛の結合力が低下します。

 

頭皮の日焼け

髪の分かれ目など、毛髪により守られていない頭皮も、日焼けによる炎症を起こしてしまいます。日焼けによる炎症は頭皮の乾燥や脱毛の原因に繋がってしまう可能性があります。

 

髪の毛の変色

強い紫外線は髪の毛のメラニン色素を変色させます。もともと黒髪で、染めてもいないのに髪の毛がいたんで赤茶食に見える人は、紫外線のダメージを受けているかもしれません。

 

フケ

紫外線により痛んだ頭皮は、フケの原因になることもあります。

 

皮脂の酸化

紫外線が頭皮の皮脂を酸化させ、抜け毛の一因になるということも考えられます。

 

新陳代謝の低下

髪の毛や頭皮も、お肌と同じで紫外線を浴びると新陳代謝が低下し、老化へと繋がってしまいます。それが育毛の妨げになることもあります。

 

いかがでしたでしょうか?

 

こうやって改めてみてみると紫外線予防をしていない自分が怖くなりますよね。

 

これからでもしっかり行っていきましょうね。