冷え性や肩こりの方の薄毛対策

MENU

冷え性や肩こり・首こりによる薄毛の予防対策

カランサ

 

女性の中には冷え性や肩こりに悩んでいるという方も、多いのではないでしょうか。

 

体の冷えは万病の元と言われていますし、肩のこりも辛いものです。

 

ただ、これらの症状で薄毛になりやすいという事は、あまり知られていません。なぜ、冷え性や肩のこりで薄毛になってしまうのでしょう。

 

髪はタンパク質やミネラル類、ビタミン類など様々な栄養素によって作られます。

 

これらの栄養素は食事で補い、毛根へと届けられます。栄養素を毛根にまでは運ぶのは、血液の役割です。血液の流れによって毛根にまで栄養素は届けられます。

 

血行が良い状態だと十分な栄養素が毛根へと行き渡り、健康な髪を作れるのです。

 

ですが、体の冷えなどによって血流が滞ってしまうと、頭皮の血流も落ちてしまいます。すると、毛根に栄養素が行き渡りません。健康な髪を作る材料が足りなくなってしまうので、髪が抜けやすくなったり細くなる、ハリやコシを失ってしまうといった薄毛になりやすくなるのです。

 

冷え性で髪が抜けやすくなった、スタイリングしてもボリューム感が出ないという方は、薄毛対策をしっかり行いましょう。抜け毛や薄毛は症状が軽いうちにケアすれば、改善までの時間が短くなります。

 

一方、症状が進んでからは手遅れになってしまうケースも少なくありません。「髪は女の命」という言葉もあるように、女性にとって髪は体の中でも特に大切なパーツです。

 

ケアをして髪のトラブルを予防する事がおすすめです。冷え性という方は、ウォーキングなど軽い有酸素運動を行う事で、頭皮の血行を促進できます。

 

また、ビタミンEといった血行を促す栄養素を、意識して補うケアも良いでしょう。頭皮マッサージも頭皮の血行を促します。
肩がこっていると頭皮の血流も悪くなりがちです。肩こりを解消する事も薄毛の予防に繋がります。

 

パソコンなど肩がこるような姿勢が長時間続くという場合、定期的にストレッチなどを行いこりをほぐすケアが有効です。