ふけが多い人の特徴

MENU

ふけが多い人にも2タイプがある

カランサ

いつも髪や頭皮を清潔に保つように心がけているにもかかわらず、年齢や性別に関係なくふけに悩んでいる方は意外と多いのではないでしょうか。

 

頭皮からふけが出やすくなっている状態は、実は一様ではなく、それぞれの体質などによっても特徴があるので、その特徴に合わせて生活習慣の改善を図っていくことが重要でしょう。

 

ふけは大きく分類すると、乾燥していて粉のように落ちる乾性タイプのものと、頭皮をかくと爪の中に詰まるような脂性タイプのものに分けられます。

 

乾性タイプのふけの特徴は、頭皮の乾き過ぎが原因であることがほとんどですから、角質化した頭皮に潤いを与えることで改善することが可能でしょう。

 

それには、まず洗浄力が強力過ぎないアミノ酸系のシャンプーを使い、その中でも保湿成分が含まれているものを使うと良いでしょう。

 

また、ふけが気になるあまり頻繁にシャンプーを繰り返すことで、かえって頭皮にダメージを与えていることにもなるので、洗髪の頻度を下げることも必要です。

 

それでもなお乾燥が気になるようであれば、良質な頭皮オイルでのマッサージで血行を促し、健やかな頭皮の改善へとつなげることも大切です。

 

そのうえで、ドライヤーを適温で使い、極端に頭皮を乾燥させず、けれども菌の繁殖は避けるため、しっかりと乾かすことも重要でしょう。

 

脂性タイプのふけの特徴は、過剰に分泌している皮脂によって菌が繁殖しているのだと考えられていますから、皮脂を適度に落としながら、菌の繁殖を抑えることが大切でしょう。

 

そのため、薬用シャンプーで頭皮を殺菌しながら、余分な皮脂を十分に落とし、ふけやかゆみを抑えることが必要となってきます。

 

かゆみが強いからといって、シャンプーをするときに頭皮を強くこすり過ぎたり、爪を立てたりすることはもちろん厳禁です。

 

頭皮に傷が出来れば、そこへ原因菌が入り込んで、さらに状態が悪化することが常ですから、洗髪は指の腹を使って優しくおこなってみましょう。

 

どちらのふけタイプであっても、基本は良質な睡眠やバランスの良い食生活、ストレスを溜め込まないことが重要です。

世界特許取得エビネ蘭配合のカランサはこちら

↓↓初回限定65%OFF↓↓

花蘭咲